9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s

29歳の女性で専業主婦をやっています。二年程前に初めてシミの存在に気が付きました。最初に発見したのは目尻です。薄茶色のものがぽつんとあって、目を凝らさなければシミとはわかりませんでした。

スポンサードリンク

日焼けをしていないのにシミが出来てしまった

しかしよくよく見てそれがシミだと理解した時、血の気が引きました。自分では綺麗な肌でいたつもりでしたし、昔から日焼けをするのが大嫌いで肌はあまり露出しませんでしたし、そもそも外出することが少ないです。そんな私が何故という思いがありました。

シミができるとしたらもっと先のことだと思っていましたし、ただただショックで何度も鏡を見ては気持ちを整理しようと努力をしました。

そしてやっと目尻のシミを受け入れた頃に、今度は目の下にできているのを発見しました。

ひたすらショックで、シミを消すためにクリームや美容液を購入して塗っていましたが薄くなることはあっても完全に消えることはありませんでした。

スポンサードリンク

シミが多くあった目元を隠し露出のない服で対策

これ以上シミが増えたらショックで鏡が見れなくなると思った私は、まずシミが集中している目元を隠すことにしました。それまで眼鏡をかけていたのですが、外出時は使い捨てコンタクトをつけてサングラスをかけることにしたのです。

サングラスをかける習慣がなかったので最初は似合っていないんじゃないか。恥ずかしいという気持ちがありましたがシミが増えるよりはいいと割り切りました。

また、日焼け止めはもちろん塗りますが露出を以前よりもっと控えるようになりました。ロングスカートかパンツしか履かないようにしたり、鎖骨が出てしまうタイプの服は避けるようにしています。

そして帽子をかぶるようになりました。もちろんつばのあるUVカットの帽子です。日焼け対策として購入したのですが、外出時忙しくて髪の毛をセットする時間がないときなど、帽子をかぶってしまえば髪の毛に癖がついたままでも隠れるので人に気付かれずに外を歩くことができて大変便利です。

もっと早く紫外線対策をしてればと後悔

最も効果を感じたのはサングラスをかける紫外線対策です。

元々目の周辺にシミができていたので、目元はできやすいのだろうと怯えていたのですがサングラスをかけるようになってからというもの目元のシミが増えることはありませんでした。

本当にほっとしています。そのかわりサングラスを手放せなくなりました。正直、もっと早くに本格的な紫外線対策をしていれば目元のシミはできなかったんじゃないかと思ってしまいます。

今はできてしまったシミを消す努力を続けつつ、せめて他の場所にシミができないように対策をしています。

【関連記事】出来てしまったシミに効果的シミにのもとに届く化粧水
【注目記事】自分に合ったシミ対策はどれ?これ以上増やしたくない人必見

スポンサードリンク