まだまだ寒い日もありますが、そろそろ日焼けの気になる季節。皆さん日焼け対策はバッチリですか?

将来のことを考えれば日焼けはあまりしたくないもの。ですが、うっかり焼けてしまうこともありますよね。

ところで一度日焼けしてしまった肌が、何ヶ月で元に戻るかご存知ですか?

今回はその辺を、日焼けを早く元に戻す方法とともにご紹介していきますね!

スポンサードリンク

日焼けは何ヶ月で白く戻る?

基本的に「肌のターンオーバーは1ヶ月」というのをお聞きになったことがあるかと思います。皮膚の底で新しい細胞が生まれ、時間をかけて表面に出てきて、古い細胞が剥がれ落ちる。これでだいたい4週間、つまり1ヶ月ですね。そしてそこから元の色に落ち着くのに要する期間が約2週間。というわけで、通常であれば約1ヶ月半あれば、日焼けは元に戻る!…はずなのですが。なぜかそう上手くいかないんですよね。…あれ、私だけ?

肌が生まれ変わるのに1ヶ月かかると言いましたが、年齢や生活習慣などの様々な要因により、実はもっと長くかかってしまう人も少なくないのです。私はまぎれもなくその一人ですね。前年のサンダル焼けが消えなくて、一生まだらの足で過ごすのだわ、と覚悟したこともありましたもの。

それに、日焼けって肌にとっては、我々が思う以上に大事件なのです。シミや、場合によっては皮膚ガンにも繋がりかねない大ダメージなのです。なので、一度こんがり焼けてしまうと、肌はそれを覚えていて、ずっと警戒態勢を取り続けてしまうのです。つまりメラニンによって肌を守ろうとするのですね!だから日焼け跡がなかなか消えない!ということになってしまうのです。

肌の警戒を解いてやるには、もうメラニンに頼らなくていいんだよ、白く戻って大丈夫だよ、と肌に教えてあげることが大切。日焼けによるトラウマを取り去ってやる必要があるわけです。そのためには毎日日焼け対策を続けること!次の項では、肌を少しでも早く白くする方法をご紹介しますよ!

スポンサードリンク

日焼けを早く元に戻す方法はあるの?

はい、ここでは肌を早く白く戻す方法を書くと言いましたが、絶対効果があるわけではありませんからね。なにせ人体は千差万別。隣の奥様に合ったって、自分に合わない方法なんていくらでもあるわけです。ただ、目に見える効果が出るかは別にしても、身体に悪い事でもないので、実践してみて損はないと思いますよ?

そう、例えば、外出する時は日焼け止めを塗るとか。ちゃんと紫外線をカットしてやらないと、肌は警戒態勢を解いてはくれません。再び細胞を傷つけられてはいけないと、メラニンを生成し続け、美白への道はどんどん遠く険しくなります。というわけで、日々の紫外線対策はしっかりしましょう!これから日差しが強くなってきますから尚更ですね。

そして、身体の中からのケアも効果的。「高い化粧品使うよりええもん食え!」的なこと言う方もいらっしゃるくらいですからね。食べ物って大切なんですよきっと。
それに、美白といえばビタミンCですよね!というわけで、ビタミンCの多いイチゴ、柿、ブロッコリーやサツマイモなどがお勧めです。

柿は季節が限られますが、ビタミンCたっぷりなので、旬の時期にはぜひ食べていただきたいもの!ちなみに我が家はブロッコリー信者で、ほぼ毎日食卓に上がります。ええ、ブロッコリー食べときゃ何とかなると思っていますとも。そしてサツマイモのビタミンCは熱に強いらしいので、炊飯器でご飯と一緒に蒸しちゃって、サツマイモご飯にして食べるのが個人的には好きです。

また、柑橘系の果物にビタミンCが多いのは周知の事実ですが、食べた後に紫外線を浴びると日焼けしやすくなる「ソラレン」という成分も含まれるので要注意です。食べるのは日が沈んでからにしましょう!

他にお勧めなのは、抗酸化作用の高いリコピンを含むトマト!肌の再生を促してくれますよ。日焼けを予防する効果もあるそうなので、普段からトマトを食べておくのもアリですね!

食べ物以外にも、肌のターンオーバーを活性化する方法はあります。例えばちゃんと湯船に浸かるとか。シャワーだけなら楽でいいのですが、湯船に浸かると血行が良くなり、新陳代謝が高まり、結果として肌の生まれ変わりも促進されます。
そして夜更かししないのも、やっぱり肌にはいいのです。22~2時のいわゆるゴールデンタイムは、肌の生まれ変わりにも最適な時間!忙しくてなかなか難しいですが、できればぐっすり眠っていたい時間帯ですね。

最後に

日焼けが元に戻るのは、健康なら1ヶ月半後。ターンオーバーを促すために、ビタミンCを摂る、トマトを食べる、湯船に浸かって早く寝るなど、できることは片っ端からやりましょう!その間紫外線対策も忘れずに。

スポンサードリンク