101543

【注目記事】本気でシミを消したい人限定!ビーグレンを使った口コミ

傷跡を早く治すことが出来るアットノンはシミにも効果があるのか?と気になりますよね。

気になるシミは顔に出来ることが大半ですが、アットノンを顔に塗ってしまっても大丈夫なのかも気になるところ。

実際のところはどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

アットノンはシミに効果があるのか?

アットノンの効果は年数が経っていない傷跡に使います。ヘパリン類似物質という有効成分が傷跡の乾燥している肌を保湿、炎症を抑え血行を良くして傷の治りをよくする働きがあります。

シミが出来る原因として保湿不足や血行が悪くなり、肌のターンオーバーが乱れるという事もありますが、一番シミが出来る原因は紫外線の浴びすぎによるメラニンの増殖ですので、アットノンが直接シミに効果を発揮するという事は残念ながらありません。

アットノンの公式サイトでもシミに効果があるとは記載されていないですよね。

シミを消すという目的で使うのであればメラニンの増殖を抑制するαアルブチン、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体が配合されている美白化粧水を使うようにしましょう。

スポンサードリンク

アットノンは傷跡が原因の色素沈着は消えるかもしれない

というのも、脇に帯状疱疹が出来てしまった時、痒くて患部をひっかいてしまって色素沈着として跡が残ってしまったんですね。

水着を着ると出てしまう部分だったので何とか消したくて使用したのがアットノンです。

その時の様子を写真付きで紹介しています→アットノンの効果で色素沈着を消すことは出来る?脇のシミで検証

紫外線が元で出来てしまったシミと色素沈着は別物ですので、こういった跡は根気強く使い続けていることで薄く目立たなくなります。

ニキビ跡も色素沈着の仲間ですので薄くする効果が期待できます。

アットノンは顔に塗っても大丈夫?

では、顏にアットノンを塗ってもいいのかというと、公式サイトには目やそのまわり、口などの粘膜に使用すると副作用の心配があると書いてあります。

顏にはあまり使用してほしくないというのがうかがえますね。そもそも顔のシミ用に作られた商品ではないので当然と言えば当然なのですが。

ただ、ひとつだけ気になることがありまして、それはアットノント同じ有効成分を持つヒルドイドという軟膏があります。こちらもへパリン類似物質という有効成分で保湿、血行を良くし、肌の炎症を抑えるというもの。

効果はアットノンとほぼ同じで、医者で処方される軟膏ですが、顏に塗って使う人もいます。

という事は、粘膜を避ければ顔にも使えるかもしれないのですが、公式サイトで顔への使用を推奨していないので、自己責任で使用することにはなりますね。

まとめ

アットノンは傷跡を早く治すジェルなので、擦り傷が原因で出来た色素沈着を薄く目立たなくする効果はありますが、紫外線が原因で出来たシミには効果があまり期待で来ません。

本気のシミ対策は皮膚科でレーザーをしたり美白化粧水で日頃のお手入れをすることが大事になります。

【注目記事】本気でシミを消したい人限定!ビーグレンを使った口コミ

スポンサードリンク