296749

シミを消す為にはレーザー、
化粧品など色々あると思いますが、
それだとお金がかかる…。

特に学生だとレーザーは敷居が高いですよね。

そこで自宅であるものを使って
シミをケアしつつ
肌をキレイにする方法を紹介します。

スポンサードリンク

シミを消す方法

シミが出来る原因は、
肌のターンオーバーが乱れたことにより
シミが外に排出できずにいる状態です。

まずは、代謝を活発にするためにマッサージが有効です。

ホホバオイルなどを顔に塗ってから
滑りを良くして力を入れずぎないように
注意してリンパの流れに沿って
マッサージしていきます。

基本は下から上、顔鼻を中心から外側はマッサージです。

ここで注意したいのが、
過度な力の入れすぎのマッサージは
摩擦で肌を傷めてしまって
返ってシミを作りやすくしてしまいます。

肌をゴシゴシと強く擦るのではなく
優しく触れる程度の力でマッサージをしてください。

また、必ずオイルやマッサージ用の
ジェルを必ず使うようにしてください。

先ほど述べたように、
直接のマッサージは摩擦による
肌への負担が大きいので、
良かれとしていたマッサージが
しみの原因となってしまう、
なんて事になりかねません。

洗顔やクレンジングをするときも
同じように摩擦が原因で
シミになってしまう事があるので、

泡立ちの良い洗顔、
力を入れずに化粧が落ちる
クレンジングを使うのがコツです。

美白成分配合のクレンジングナマラホットクレンジングの口コミ

スポンサードリンク

自宅で簡単!卵洗顔の効果で美白

お家にほぼ必ずあると言っていい
卵の白身の部分を使って洗顔する方法です。

卵洗顔をすることで、

保湿、古い角質の除去、シミ対策、毛穴の汚れ除去

といった効果が期待できます。

やり方もとっても簡単。

冷蔵庫から出した新鮮な卵を
黄身と白身に分けて、白身を顔に
ぬりぬりしてから洗い流すだけ。

とってもシンプルで簡単です。

が、そのまま白身を
顔に塗るのはちょっと難しいので、
泡立てネットなどを使って、
顔に塗りやすいように泡立ててから
使うようにするとやりやすいです。

ちょっと生臭さはありますが、
卵洗顔をした後の肌のしっとりさは半端ないです。

卵洗顔で顔のくすみやシミに
効果を感じる人も多く、
家にあるもので簡単に出来るのも魅力です。

いきなり白身を顔につけるのが怖いときは
まずは手の甲で試してみるといいですよ。

一つ注意点としては、
卵アレルギーを持っている人は
赤く腫れてしまう可能性があるので
卵洗顔はやらないようにしてください。

卵洗顔で本当に汚れが落ちる?

あのヌメヌメした白身で
本当に顔の汚れが落ちるの?

って不安になりますよね。

白身は黄身を守るためにあるもので
殺菌効果、界面活性作用があり、
顏の汚れを落とす役割をしてくれます。

そして、黄身(ひよこ)が殻の中で
成長するための栄養を豊富に含んでいます。

その中でも注目すべきは、
美白化粧水にも使われている
アルブチンが含まれているんです。

美白効果を感じる人が多いのも納得できますよね。

最後に

毎日卵洗顔をしなくても
効果はそこそこ感じることが出来るので、
今日は準備が面倒だな、というときは
お休みしたり、日曜日は卵洗顔の日など決めて
長く続けてみてください。

スポンサードリンク