ddd70a99a476777500abe9db2e0c07aa_s

ゴールデンベリーが血流を良くしてくれると世界一受けたい授業で紹介されてから注目度がアップしてきていますね。

でもゴールデンベリーは健康にいい効能があるだけでなく美容にもいい効果があるって知っていましたか?

スポンサードリンク

ゴールデンベリーの美容効果

スーパーフードと呼ばれるゴールデンベリーには様々な栄養が含まれています。

ミネラル、ビタミンE、ビタミンA、、ビタミンC、葉酸、イノシトール、バイオフラボノイド、食物繊維とさまざまな栄養が含まれています。

特にビタミンBに属するイノシトールは不足してしまうと抜け毛が増えてしまうという事もありますので、抜け毛がきになる人には積極的に摂取して欲しいですね。

イノシトールは抜け毛予防だけではなく頭皮も健康に保ちますので髪自体も艶のあるキレイな髪に保つことが出来ます。

さて、この中にあまり聞きなれないバイオフラボノイドという成分がありますが、この成分は活性酸素を取り除く作用があり老化予防になるのでしわやたるみの予防にもつながります。

バイオフラボノイドはビタミンCと相性がよく一緒に摂取することで吸収率もアップするのですが、ゴールデンベリーにはビタミンCが初めから含まれているのでこれ1つで効率良く摂取することが可能です。

スポンサードリンク

美白効果まであるの?

顔が黒くくすんで見える原因に血流が悪くなってくすんで見えてしまう事があります。

その場合の解決方法としては顏のマッサージをしてあげたりと血流を良くしてあげるのが効果的なんですね。

そこでゴールデンベリーに含まれているビタミンEが役立ちます。

ビタミンEには血管を広げて血流を良くしてくれる効果があり、血液自体も若く保つ効果があるんです。

体の血液の流れが良くなれば黒ずんで見えていた顔色もパッと明るく透明感のある肌になり、結果的に美白効果を得る事が可能という訳なんですね。

また、ビタミンCにはチロシナーゼを抑制したり、シミを薄くする効果もありますのでシミ予防として食べるのも良いですね。

ただ、ビタミンCは体にためておくことが出来ずに外に排出されてしまいますので、一度に沢山食べるのではなく、1日に何度かに分けて食べるのがオススメの食べ方です。

 

1日の摂取量はどのくらいがいいの?

では、どのくらいの量を食べたら効果を感じることが出来るのかというと、ドライフルーツは1日に大体スプーン1杯ほど食べれば十分とされています。

ゴールデンベリーは生のものでしたら低カロリーなのであまりカロリーを気にせずに食べることが出来ますが、比較的手に入りやすいドライフルーツに加工されたものは旨みが凝縮されている分カロリーも少し高めとなっていますので、食べ過ぎてしまうと太ってしまう可能性もありますので気を付けてください。

また、葉酸も含まれているゴールデンベリーは妊娠中の人の味方のようにも思えますが、ビタミンAも多く含まれていますので食べ過ぎてしまうとお腹の赤ちゃんに影響が出てしまう可能性もあるという事を頭の中に入れておいてください。

【注目記事】シミは毎日のお手入れから予防するのが大事!オススメ美白化粧水はどれ?
【人気記事】クレンジングなのに美白の効果が!実際に使ってみました

まとめ

どうでしたか?老化予防だけでなく髪や肌にもうれしい効果のあるゴールデンベリーすぐにでも試してみたくなっちゃいますよね。

女性に不足しやすい鉄分などのミネラルも入っているので間食をスナック菓子からゴールデンベリーに変えるだけでも美肌になれちゃうかもしれませんね。

特にこれからの季節紫外線も強く肌にダメージを受けやすくなるのでゴールデンベリーを取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク