355424

美白化粧水を使い続けているのに全く肌の色が全く白くならないと思った事ありませんか?

なぜ長く使い続けていても白くなってくれないんでしょうか?

スポンサードリンク

美白化粧水は肌の色を白くすることは無い

美白化粧水に含まれている成分はチロシナーゼやメラニンの抑制、分解が主な働きです。

どういうことかというと日焼けやシミになる原因の素を無くす役割があるので、肌の奥の方に眠っているシミ予備軍を撃退し、新しく出来るしみの予防になったり、肌のターンオーバーを促し今あるシミを少しづつ少しづつ押し出したりしてくれます。

実際に長く美白化粧水を愛用している人はメラニンやチロシナーゼが予防されるので、新しいシミは出来ていないという人が多いです。人によっては出来たばかりのシミなら消えてくれたという人もいますね。

ようは肌を白する効果は無いので、元の肌の色に近づける効果が期待できるものの、肌を白く漂白する効果は期待できないという事です。

自分の本来の肌の色は普段紫外線が当たらない場所、お腹や手の内側の色が本来の自分の肌の色と思って下さい。それ以上は白くすることは出来ません。

【注目記事】肌の漂白剤と言われているハイドロキノンが入ったスキンケア使ってみました

スポンサードリンク

美白化粧水だけじゃ美白出来ない!

美白化粧水を使用しても、紫外線を浴び続けてしまえば効果は半減してしまいます。メラニンやチロシナーゼの量をなるべく減らす為にも日焼け止めを塗るようにしましょう。紫外線が弱い冬や家の中でも紫外線は常にあるので、美白をしたいなら毎日日焼け止めを付けるべきです。

日焼け止めの塗り方も上手に出来ていない人が非常に多いです。メーカーが推奨している量は1C㎡に2mgとなっています。日焼け止めは塗りすぎという位の量を使うのが正しいようです。

また、顏の高くなっている部分の鼻、頬、おでこは日焼けしやすくシミが出来やすい場所ですので念入りに塗るように心がけましょう。

美白とはどういうことなのか?

美白化粧水の役割は【日焼けによるシミ、そばかすを防ぐ】【メラニンの蓄積によるシミ、そばかすを防ぐ】と薬事法で表現が決められています。シミを消すなどの過大な表現をしてはいけない事になっています。

主な役割としては今あるシミを何とかするというよりも、これから出来るシミを防ぐ、肌の色を今よりも明るく、くすみの無い透明感のある肌に近づけるのが目的です。

ですが、メラニンを抑制することで、今あるシミを濃くなるのを防ぎ肌のターンオーバーが正常化すれば出来てしまったシミが徐々に押し出され薄くなるという事もあるようです。

顏の全体的なくすみも明るく導いてくれますので、いつも疲れた顔をしている、今以上にシミを増やしたくないという人は美白化粧水を使い続けましょう。

【注目記事】チロシナーゼの生成を抑えるハイドロキノンの入ったスキンケアビーグレンを使った口コミ

最後に

美白化粧水というように美白という言葉が入っているのでどうしても、肌を今以上に白くしてくれると思ってしまいがちですが、本来の役割はシミを予防し本来持っている肌の色に近づけてくれるのが美白化粧水です。

長く使っているのに美白効果が良く分からないという人は、すでに本来の肌の色に近づいているか、紫外線対策がおろそかで外からのメラニンの吸収が激しく美白が追い付いていな可能性があります。

少しでも理想の肌に近づけるように化粧水だけではなく、紫外線対策もしっかりとしていきましょう。

スポンサードリンク