078524

30代女性です。主婦業の傍ら運動を兼ねてポスティングの仕事をしています。各家庭の郵便受けに一枚ずつチラシを入れて回るのが仕事です。そのため毎日出歩いています。

スポンサードリンク

紫外線にさらされる仕事でシミが出来てしまった

運動になって健康に良いですが、その一方で紫外線にさらされるため肌には良くありません。私は20代まではシミやそばかすとは無縁でしたので、以前は外を歩くときにも紫外線対策などしたことはありませんでした。

ところが30代になってから、頬のところにうっすらとシミができているのを見つけました。右の頬に2センチくらいの幅のシミがうっすらとできています。

これを発見したときには「このまま濃くなったらどうしよう」と焦りました。できれば日光にずっと当たらずに生活したらシミもできないのではないかと思いました。

しかしそれは現実的ではありません。そこで、何か現実的なシミ対策をしなければと真剣に考え始めました。

スポンサードリンク

日焼け止めとビタミンCでシミ対策

それからは外に出るときには必ず日焼け止めを塗ることにしました。私の場合、仕事柄毎日外に出るので毎日日焼け止めを使うことになります。

そのため高いものだとお金がかかりすぎるので、できるだけ安くて効果があるものが良いと思って探しました。

そして見つけたのがメンソレータム サンプレイ スーパーブロック SPF50+ PA++++ です。これなら値段も安いのでずっと買い続けることができますし、有名なメーカーのものなので信用もできます。

また体の内面からもシミ対策をしようと思って、ビタミンCを意識して摂るようにしました。そしてそれまではあまり食べることがなかった果物を食べるようにしました。

私の場合、グレープフルーツを多く食べています。これなら適度な酸味と甘みがあって飽きずに食べ続けることができます。それから緑茶にもビタミンCが多いと聞きますので、食事のたびに濃い目の緑茶を飲むことにしました。

シミ対策した結果薄くすることに成功!

日焼け止めを塗るようにしたことと、ビタミンCを多く摂るようにしたことが良かったのか、右頬にあったシミは徐々に薄くなり気にするほどでもなくなりました。

仕事上、紫外線が強い日でも外に出て回りますが、今のところシミはできていません。それどころか20代のころより今の方が色白になったようです。シミ対策を意識するだけでずいぶん効果があるのだなあと、今ではしみじみと感じています。

これから40代、50代と、どんどん年をとっていきますが、ずっとシミ対策を意識していこうと思います。「もう年だからシミができても仕方がない」とは思わずに、「もう年だけどシミは作りたくない」という気持ちで過ごしていくことが大切ではないかと思っています。

【注目記事】美白を目指すなら自分に合った化粧水を探そう!
【関連記事】高濃度のビタミンCでシミを薄くするだけではなく毛穴も消滅!

スポンサードリンク