Print

30代後半の専業主婦です。10代公判から20代前半までは紫外線なんて気にもせず、海へ行ったり山でバーベキューをしたりと思いっきり日焼けをしていました。

スポンサードリンク

20代後半からシミが出来てきた

シミが出来目立ち始めたのは20代後半から。頬や鼻の頭に点々とシミが出来始めました。紫外線に対する怠りが今になって来たかという感じでした。そうこうしている間に結婚し子供にも2人恵まれました。

子供が生まれて成長するにつれ、外で遊ぶ機会も10代から20代に比べれば物凄く増えました。

まず公園へいく際には必ずSPF50PA+++の日焼け止めをしっかりと塗り込み頭にはつばの広い帽子、あまりにも天気がよく見るからに紫外線がきつそうな時にはUV効果のあるサングラスをして出かけていました。

また顔だけではなく首元にも日焼け止めを塗りその上からはストールを巻いて首も焼けない様にしました。服装はなるべく夏でも長袖のカーディガンを上からは羽織ったり、UV効果のある手袋をはめて徹底的に紫外線対策を行いました。

この位徹底しないと今あるシミが紫外線によって濃くなってしまったり、これ以上シミが増えていくことがたまらなく嫌だったからです。

スポンサードリンク

美白ラインはSKⅡを愛用しています

10代から20代に浴びた紫外線に対して特に何も美白ケアなど行っていなかったのでその代償が来てしまった分、今しているケアはまず朝晩しっかりと美白化粧水で肌を潤してから美白美容液を特にシミの気になる所へたっぷりと塗り込んでいます。

そのあとは美白乳液を美容液を閉じ込める様な感じでつけています。週に2回位は集中して美白マスクも取り込んでいます。

この美白化粧水から美白マスクまではライン使いをするとより効果的で、今はマックスファクターのSKⅡホワイトニングソースダームブライトナーやSKⅡホワイトニングパワースポッツスペシャリストを使うとお肌に透明感が出て以前よりもお肌が明るくなった感じがします。

シミ対策は長く続けることが大事

またこれらを使うことで今あるシミは今以上濃くなっておらず、また新しくできたシミもありません。1日使っただけではシミに対する効果は見られませんが、せめて3ケ月使って見ると目に見えて効果が分かってきます。

顔だけでなく全身のケアも必要で、例えば手の甲にも美白化粧水を寝る前につけたりマスクの余分な美容液をつけたりしています。首にも顔と同じ様に美白化粧水や美白乳液をつけてケアしています。

首元は美白効果を期待するだけでなく、たっぷりと潤いを与えることで乾燥やシワを予防するといった意味でも効果的です。

【関連記事】ハイドロキノンなのに刺激なし!ビーグレンの口コミ
【注目記事】クレンジングなのに美白効果があるマナラホットクレンジングを使ってみました

スポンサードリンク