【注目記事】シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

318538

肌は睡眠中に
再生が行われています。

約4週間のリズムで
新陳代謝(ターンオーバー)
しているのです。

組織の再生と修復は、
血液が体の各所、
肌や内臓の至るところに
回って酸素と栄養を
送りこむことにより行われます。

スポンサードリンク

起きている間は、
脳に血液が多く集まります。

脳のエネルギー消費量は
非常に大きく、
それを供給するために
血液が流れこんでいるのです。

睡眠に入ると脳が
お休みモードにはいります。

入眠後3時間で
成長ホルモンの分泌が高まり、
肌が生まれ変わるのです。

成長ホルモンこそが若さを維持し、
肌を生み出す重要な働きをするのです。

私たちのからだのメンテナンスは、
ほとんど夜に行われていることになります。

肌荒れや肌の老化、
シミを促進するのは
睡眠不足が原因です。

肌荒れ、シミをつくらないために
6時間以上は睡眠が必要です。

仕事が忙しくて寝不足だからと
週末に寝だめをする人がいますが、
基本的にはおすすめ出来ません。

寝だめは睡眠リズムが狂いますので、
いくら寝ても疲れが抜けません。

睡眠は前半が大事ですので、
早く寝た方が肌や体には
影響しにくいのです。

スポンサードリンク

忙しくて睡眠時間を確保出来ない
という方は、早く寝て
後半の睡眠時間を削ったほうが
肌に良いのです。

どうしても眠い日は、
午後1時間の昼寝をしましょう。

また1日に6時間寝れば、
昼間に寝て夜起きていても
一緒じゃないかという
昼夜逆転する方もいますが、
それではホルモン分泌が狂いますので、
肌にとってはよくありません。

年齢とともに
成長ホルモンは減っていきます。

40代に入ると睡眠不足の影響は大です。

早く寝て少しでも
成長ホルモンを活用しましょう。

いろいろやってみたが、
どうしても眠ることが出来ない
という方は、内科、心療内科で
睡眠薬を処方してもらう事が出来ます。

しかし、使い続けると
依存性が生じて薬がやめられなくなる
ことがありますので気をつけましょう。

早寝早起きでからだを十分に
動かせば疲れて寝ることが出来ます。

ただし寝る前の体操は
逆に目が覚めてしまいます。

その他タバコ、ビタミンCの飲み薬
なども睡眠を妨げる可能性があります。

寝る前に口にすることは控えましょう。

シミをつくらない美肌睡眠のコツは
早寝早起き、普段の睡眠を十分にとることです。

【注目記事】シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク