346753

今までキレイな肌だったのに突然シミが出来てしまう事があります。シミは今までの紫外線を浴びた積み重ねが原因で出来ることが多いので、1個シミが出来てしまうとその後もどんどんと浮き出てしまう事があります。

これ以上増やさない為にも日頃から紫外線予防とお肌のお手入れが大事になってきます。

スポンサードリンク

紫外線対策は季節に関係なく毎日必要!

夏になると紫外線対策をする人は沢山いますが、冬でも紫外線は降り注いでいます。日差しが弱いからと言って何も対策をせずにそのまま直に浴びてしまうのはとっても危険な行為です。

家の中にいても窓から常に紫外線が入り込んできますので、面倒でも将来シミを作りたくない、今あるシミをこれ以上増やしたくないという事であれば家にいる時でも常に日焼け止めを使用することが好ましいです。

紫外線対策のUVには2種類ありUVAは肌を黒くし、しわやたるみが出来る原因になります。UVBはメラニン色素を増やしシミやそばかすの原因になります。しっかりとUV対策をすることでシミやそばかすだけではなく、しわやたるみなどの老化を同時に防ぐことに繋がります。

日焼け止めの選び方はどうしたらいい?

日焼け止めにもいろいろと種類があります。ミルクタイプであったりスプレータイプであったり。基本的にはどれを使用してもUV効果は同じですので自分の好みに合った使いやすい日焼け止めを選べばOKです。

例えば日焼け止めを使うのに時間をかけたくない人はスプレータイプ、くまなくしっかりとケアしたい人は伸びやすいミルクタイプ、乾燥しやすい肌の人はクリームタイプを選ぶなど、自分が使いやすい物を選びましょう。

また、肌が敏感で日焼け止めがかぶれてしまいやすいという人は、紫外線散乱剤や紫外吸収剤が含まれていると刺激を受けてしまう事があるので、ノンケミカルの日焼け止めを選んで使うと良いでしょう。

そして日焼け止めを付けた場所は必ず石鹸だけではなくクレンジングを使ってしっかりと落とすようにしましょう。日焼け止めは石鹸だけではキレイに落ちません。しっかりと洗わないと汚れが肌に残ったままになり、肌トラブルの元になってしまいます。

スポンサードリンク

出来てしまった小さなシミをこれ以上増やさない為には美白化粧水が効果的

浮き出てしまったシミは早めにケアをしてしまうのが正解です。出来立ての薄いシミならレーザーに頼らず美白化粧水でケアすることで改善が望めます。ハイドロキノンの成分に似せて作られたαアルブチンを含む美白化粧水は安全性も高くチロシナーセ、メラニンの生成を抑えてくれるのでこれから出来るシミの予防にも最適です。

美白化粧水は肌にトラブルが無い限り、夏だけではなく出来れば1年以上と長く使い続ける事が大事です。1~2ヶ月程度の使用では肌が明るくなったりクマが消えたりなどの効果は望めますが、長く居座ったシミの撃退までは難しいですし、シミ予備軍も無かった事には出来ません。

肌のターンオーバーは早くて28日です。加齢や生活習慣の乱れで遅い人だと50日以上にもなってしまいます。シミは急に取れて無くなるという事はありませんので、根気よく長く使い続けてみてください。

→あなたの肌質に合った美白化粧水はどれ?人気商品は?

まとめ

  • シミをこれ以上増やさない為には1年を通して紫外線対策が必要
  • 家の中にも紫外線は降り注ぐので日焼け止めを塗るように心がける
  • 今以上にシミを増やさない為に美白化粧水を使ってシミ予備軍を撃退

家にいるときはついついすっぴんで過ごしてしまいがちですが、そのちょっとした油断がシミ予備軍を作ってしまい、数年後シミとして浮き出て辛い思いをしてしまいます。毎日の対策でシミが出来るリスクはグッと減りますので面倒でも日焼け止めを塗ったりUVカットが付いたBBクリームを塗るなどして対策をするようにしましょう。

スポンサードリンク