女性_洗顔_ぴかぴか

最近プラザや雑誌でよく見かけるアルガンオイル。

でも、アルガンオイルの何がいいのか
一体どんなオイルなのか分からない事も多いですよね。

今回はアルガンオイルの効果と上手な使い方の紹介をします。

スポンサードリンク

アルガンオイルの効果

アルガンオイルって一体何からとれるオイルなのか?
と気になるところですよね。

アルガンオイルはモロッコの南西部にある砂漠に生息する
アルガンツリーという木の種から取れるオイルの事です。

葉の部分はヤギの餌になり、樹木の部分は建物を建てるのに利用されます。

上から下まで、すべて使える優秀な木なんですね。

そして原産国であるモロッコでは治療薬として
使用されるほどの美容と健康に効果のある優れたオイルなのです。

では、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

  • 美肌効果
アルガンオイルには、保湿成分であるセラミドを作る成分「リノール酸」が豊富に含まれているので、肌の保湿効果を高める効能があります。
また、肌の代謝を促し酸化を防ぐ抗酸化作用のある「ビタミンE」もオリーブオイルの三倍もの量が含まれています。
この「ビタミンE」のおかげで、毛穴のつまりや肌荒れを改善することができるのです。

  • エイジングケア効果
そしてまた、「ビタミンE」の抗酸化作用の効能により細胞の老化を防ぐというエイジングケア効果もあります。
抗酸化作用とは、肌細胞を傷つける物質「活性酸素」から体を守り、活性酸素の発生を防ぐ作用のことです。

  • 生活習慣病予防
この「活性酸素」は、肌に悪いだけでなくがんや心臓病、肥満などの生活習慣病を引き起こす原因にもなるため、抗酸化作用のある「ビタミンE」を多く含むアルガンオイルは生活習慣病予防にも非常に効果的なのです。

スポンサードリンク

アルガンオイルでシミが消える?

アルガンオイルは美容と健康に効果があるオイルですが、
実はシミにも非常に効果的な効能が含まれています。

アルガンオイルに含まれる多くの成分は、
分子量が小さいため肌なじみが非常によく、お肌の奥深くまで浸透します。

その中でも、アルガンオイルに含まれる
「リノール酸」がお肌の保湿成分であるセラミドを作り、
赤ちゃんのようなぷるぷるした柔らかい肌へ導く働きをしてくれます。

そのため、角質が柔らかくなり古い角質がはがれやすい状態を作ってくるのです。

そこへ「ビタミンE」による新陳代謝の促進、
抗酸化作用の効能によって、お肌の新陳代謝が改善されます。

それによって肌のターンオーバーが整い、
スムーズなメラニンの排出が促されるようになることで、
だんだんとシミが薄くなっていくのです。

即効性はありませんが、毎日お肌に塗り続けることで効果は発揮されます。

特に、できはじめの薄いシミに効果的です。

 

アルガンオイルの効果的な使い方

アルガンオイルの使用方法ですが、
毎日の洗顔の後にオイルを2~3滴を手に取り
顔全体に塗る方法とオイルパックの方法があります。

良質のアルガンオイルは数滴を顔全体にのばしても
ベタつくこともなくさらっとした肌さわりで
お肌全体のキメを整える効果もあります。 

化粧ノリが良くなるため、そのあとに
メイクすることで化粧崩れを防ぐ効果もあります。 

まだ今お使いの化粧品が残っているし・・・

という方には、今ある化粧水などに
アルガンオイルを1~2滴混ぜて使用することで、
さらに保湿効果の高い化粧水へと変化させることもできるのです。

次に、非常に効果的な使用法でオイルパックがあります。

お肌の調子により、使用するアルガンオイルの量はお好みですが、
基本のオイルパックではオイルを2~3滴手に取り、顔全体になじませます。

その際にあまり肌にすり込もうと擦り過ぎると
お肌を傷めますので、優しくなでるような感じで塗りましょう。

その時に、気になるシミの部分にはオイルを重ね塗りしていきます。

重ね塗りといっても、ちょんちょんとオイルを
指先でシミの上に置いていくような感じです。

オイルを塗り終わったら、水で濡らしたタオルを
レンジで1分ほど温めて作った蒸しタオルを
顔全体にのせて5分ほどパックします。

あとはぬるま湯でオイルを洗い流したらおしまいです。

オイルを塗る際に、数滴ではなく500円玉くらい使用して
フェイスマッサージを行ってからパックすれば更に効果はあがります。 

また、入浴時でしたら最初にオイルパックをしてしまえば、
蒸しタオルを使わずに浴室のスチームだけでパックできますし、最後に洗い流すのも簡単です。

スポンサードリンク