284817

液体窒素と言えばいぼを取る治療に使われると思われがちですが、実はシミを消す場合にも使われることがあります。価格も割と安く出来るので副作用などの危険性も気になりますよね。

液体窒素のシミ取り効果は本当にあるのか、副作用は大丈夫なのかを紹介します。

スポンサードリンク

液体窒素のシミ取りの効果は?

なかなか消えないシミに対して液体窒素を当てることで、その部分だけを凍傷状態にして、新しい綺麗な皮膚に生まれ変わらせるのが液体窒素を使ったシミ対策です。液体窒素を当てるのはほんの数秒です。

凍傷になった皮膚はそれを治そうと、自分の力で新しい皮膚が再生されます。古いシミの皮膚はやがてかさぶたになり、剥がれ落ちていきます。その下には新しい綺麗な肌が作られているので、シミが消えて健康な肌が出てくるのです。

肌のターンオーバーを液体窒素を使うことで強制的に、シミ部分だけを早めて再生させるのでシミ取りができます。凍傷と言うと不安を持つ方もいると思いますが、皮膚表面のごく浅いもので深刻なダメージを与えるものではありません。

かさぶたは1週間程度で剥がれ落ちることが多く、シミが薄くなるのに時間が長くかからないのがメリットです。

スポンサードリンク

液体窒素後のケアの仕方は?

液体窒素を当てる処置を行った後の肌は、凍傷状態ですのでケアをするのが重要です。特に紫外線は大敵ですので、できるだけ紫外線を浴びないように防御します。UVケアや帽子をかぶるなどして肌に負担がないようにします。

また、凍傷の時は肌のバリア機能もその部分は低下していますので、肌を衛生的に保つようにします。洗顔残しや刺激の強いスキンケアも避け、潤いも保つようにします。

保湿された肌は機能もキープできますので、患部を優しくしっかりと保湿します。また、かさぶたになる過程で水膨れになることもあります。これは肌の正常な働きですし、大きく膨らむようなことはありませんが、これも触ったり潰したりはしないようにします。

ここで潰してしまうと肌に跡が残ってしまい、せっかくの新しい生まれ変わった肌に色素沈着が起こったり、菌が入りやすくなります。気になりますがそっとしておきましょう。

液体窒素の危険性はある?

液体窒素はシミだけではなくイボをとったりするのに、長年医療の現場で使われてきたものなので、未知のものではなく危険性もありません。しかし、使う量や肌に充てる時間が間違ってしまうと逆に肌にダメージになります。

ですので、しっかりとした経験と知識のある医師に相談して、処置してもらうことが重要です。決して危険性が高い成分ではないので、医師の言うことを守って処置後のケアも入念に行うことがポイントです。

ただ、使い方を間違ったり、ケアをいい加減にしてしまうと、かえって肌に色素沈着を起こしたりする可能性がはあるので、しっかりと対応できる状態になってから行うのが望ましいです。

液体窒素自体の危険性はそう大きくはないのですが、肌に直接つけるだけに慎重に、丁寧に取り扱う必要があります。そのことだけは頭に入れておくと良いでしょう。

【注目記事】副作用のない安心の美白化粧水!本気でシミを消したい人限定

スポンサードリンク