100301

サラサラなのにしっとりとしたオイルのバイオイル。

割とお手頃価格で購入出来るので
妊娠線のケアに愛用している人が多いですが、
顏に使う事も出来るんです。

使い方の手順が分からずに上手く使えない
という人も多いようですので、
顏に塗るときの使い方を紹介します。

スポンサードリンク

バイオイルを顔へ使う時の使用法

基本的にバイオイルのみを1~2滴程度手に取って
手のひらでこすり合わせて薄く伸ばしてから
顔全体にのせていきます。

擦って顔につけると摩擦で顔を傷つけるので、
顏にのせて染み込ませていくイメージで付けてください。

これだけでも、しっかりと保湿してくれます。

これだけでは足りないという人は、
自分の手持ちの化粧水と合わせて使う事も可能です。

その場合の使い方は、
先ほど説明したようにバイオイル顔全体に伸ばしてから
その後にいつも通りに化粧水で仕上げていきます。

オイルですので、たっぷりと使ってしまうと
顔がテカってしまいますので、
1~2滴の少量で使うようにしましょう。

また、日焼け止めの効果がある訳ではないので
夏などの紫外線が強い日は
必ず日焼け止めも使うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

バイオイルはシミに効果がある?

バイオイルを出来てしまったシミを消す目的で
使う人もいるようですが、残念ながらシミを消す効果は無いようです。

バイオイルの効果は出来てしまた傷後や虫刺され跡
擦り傷の跡などをキレイにしてくれる作用があるそうです。

効果はアットノンと少し似ている気がしますね。

アットノンの効果で色素沈着を消すことは出来る?脇のシミで検証

ニキビをひっかいてしまって出来てしまった
色素沈着には十分保湿してあげる事で
薄く目立たなくしてくれる効果が期待できます。

体の黒ずみなどには効果はなさそうですので、
購入するときは気を付けるようにしましょう。

出来てしまったシミにアプローチするには自分に合った美白化粧水を使うのがオススメです。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

バイオイルの類似品?バイオオイルとの違いは?

バイオイルを通信販売で買おうと探していると
似たようなバイオオイルという物があります。

見た目はほぼ同じで、商品説明も【バイオイル】
と明記されて販売しているので、
初めて使おうとしている人には
とても分かりにくく区別がつかないのです。

日本の正規品→bioil

 

バイオイル(bioil)の全成分
ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ラベンダー油、ローズマリー油、ローマカミツレ花油、ビサボロール、トウキンセンカ花エキス、ダイズ油、ヒマワリ種子油、BHT、香料、赤225

並行輸入品→bio-oil

 

バイオイル(bio-oil)の全成分
ミネラルオイル、トリイソノナノイン、エチルヘキサン酸セテアリル、ミリスチン酸イソプロピル、パルミチン酸レチノール、酢酸トコフェロール、ローマカミツレ花油、ラベンダー油、ローズマリー油、トウキンセンカ花エキス、ヒマワリ種子油、ダイズ油、BHT、ビサボロール、香料、アルミケイヒアルデヒド、サリチル酸ベンジル、シトロネロール、クマリン、オイゲノール、ゲラニオール、ヒドロキシシトロネラール、ヒドロキシイソヘキシルー3-シクロヘキセンカルボキシアルデヒド、リモネン、リナロール、α-イソメチルイオノン、紫201、赤225

成分にかなりの差が出ていますね。

日本向けに作られたバイオイルよりも
並行輸入品には合成香料や着色料が多く含まれています。

肌トラブルが起きたという口コミが多いのも
海外向けに作られたバイオオイルの方ですので、
心配な人は値段が多少張りますが、
正規品を購入することをオススメします。

特に顔に使おうとしている場合は正規品の方が良いです。

たっぷりと体に使いたい、あまり肌荒れをしたことが無い
という人ならお値段も安いので
バイオオイルでもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク