105771

レーザーでシミ治療をした後の
ケアはとても大切です。

ここを適当にしてしまうと
折角レーザーをしたのに
また、シミが
浮き出てしまうなんて事も。

そうならない為にも
しっかりとケアをしましょう。

スポンサードリンク

頂いた体験談をもとに
レーザー後どのように
したらいいのか紹介しますね。

数年前に皮膚科で
レーザー治療を行いました。

3箇所のシミに4発のレーザーを
照射し、術後はナースさんに
薬を塗ってもらいました。

術後2週間は、日光を避け、
病院で処方された
ハイドロキノンを塗り、
傷パワーパッドをしていました。

その後、2週間後と2ヶ月後、
4ヵ月後に経過を見るために
病院に通いました。

2ヵ月後が最も
色素沈着がしやすい時期です。

私の場合、
色素沈着していなかったので、
追加のハイドロキノンを
処方してもらいました。

レーザー治療後の肌は、敏感で、
デリケートな肌になっているので、
できるだけ擦ったり刺激を与えず、
日焼けは絶対に避けなくてはいけません。

日焼けにより、更に濃く
色素沈着してしまう
恐れがあるからです。

スポンサードリンク

レーザー後2週間くらいは
水や洗顔が沁みて痛みを感じます。

私の場合、術後の5日間は
傷パワーパッドを付けた上から
洗顔を行いました。

2週間程度たつと、
シミが濃く浮きあがりだし、
絆創膏と一緒にポロっ
と剥げ落ちます。

レーザー治療は術後4ヶ月くらいは、
肌をデリケートに大切に扱わないと、
治療前より更に濃く
色素沈着する方も沢山います。

なので、テープを貼ったまま
外出することに抵抗感を
持つ方も多いでしょうが、
1週間は絆創膏をして、
きちんと日焼け止めと帽子など、
日焼け対策をしたほうがいいと思います。

2か月過ぎる頃には
少しずつ赤みは目立たなくなり、
肌になじんで、ほとんど赤みが
無くなる方もいます。

肌質が弱くて赤みが引きにくい方も、
ソフトレーザーを照射したり
角質を浸透するビタミンC・Eを
用いるなどの方法で
赤みを引かせることができます。

赤みが引いた後は
二次性の色素沈着が起こるので、
美白ケアが大切になる時期になります。

肌の状態に合わせた
美白成分やトラネキサム酸の内服、
新陳代謝を上げるトレチノイン、
塗り薬での反応が悪い場合には
レーザートーニングを
局所的に照射するなどして、
最終的に色素沈着のない
きれいな肌を目指します。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク