315259

シミにお悩みの方、「馬油」をご存知ですか?

馬の皮下脂肪を原料とする油脂なんですが、
コスパ抜群、手に入りやすさ抜群の
肌トラブルに万能に作用する優秀コスメなんです!

馬油の効果

一見するとラードのような油の塊なんですが、
手に取るとあっという間に溶け出し
伸びが良いのが特徴です。

小指第一関節分くらいを手に取れば、
顔全体を潤すことができます。

やけどやあかぎれなどの
肌の荒れを沈める効果があるだけでなく、
保湿力の高さ、浸透力の高さ、
抗酸化作用にも優れています。

また動物由来の自然なコスメですので
口に入っても副作用はなく、
赤ちゃんに使っても大丈夫と言われているんですよ。

ドラッグストアで1,000円〜1,500円で
販売されているので手に入れやすく、
少量で充分しっとりするのでコスパも抜群です。

スポンサードリンク

馬油でシミが消える理由

馬油はその名前のとおり馬からできた油です。

馬の油は人間の油に近いと言われており、
肌への浸透力が他のオイルに比べて断然に高いんです。

浸透力が高いとはどういうことかというと、
肌の中で潤いやキメを整えるために
働いている人間の脂に成り代り、
馬油が潤いやキメを整える役割を
果たしてくれるということです。

すると肌の生成=生まれ変わりが促進されます。

やけどに効くと言われているのも
この効能があるためで、
炎症により傷んだ細胞に素早く浸透し
肌を健康な状態に生まれ変わらせてくれるのです。

かつ表面の油分で外気からの細菌や
ばい菌もシャットアウトしてくれるため、
内から外から肌をケアすることができるのです。

なのでシミにお悩みの方も、
毎日使い続ければ段々とシミが薄くなり、
気づいたらなくなってるかもしれません!

馬油の効果的な使い方

使うタイミングで一番おすすめなのは、
お風呂で使うことです。

肌トラブルが起こりやすいのは肌が乾燥している時。

お風呂あがりは肌の水分が蒸気と一緒に逃げてしまいやすく、
色素沈着も促進されがちです。

蒸発する前に、馬油で水分も一緒に
閉じ込めてしまえばいつまでも
潤いを保ったまま、シミを消すことができますよ。

では具体的な使い方ですが、2パターンあります。

ひとつめは洗顔の前。

洗顔する5分前くらいに馬油で顔パックを
する感覚で顔全体に塗ります。

その後洗顔をすると、
仕上がりがつっぱらずモチモチの肌に。

お風呂あがりにもう一度馬油を塗りますが、
その時は気になる箇所にこすらず
染み込むように手全体を使って押さえつけましょう。

ふたつめはお風呂あがり直前。

バスタオルをとる前に馬油をとり
顔全体に塗ってください。

顔の水分を拭く前に塗るのがポイントです。

その水分ごと肌に閉じ込め、
かつ馬油の成分が温まった肌にぐっと浸透していきます。

こちらも気になる箇所には押さえつけるように塗ると良いです。

シミ対策だけでなくお肌全体にも
嬉しい効果が期待できます。

ぜひお試しください。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク