女性_洗顔_ぴかぴか

【注目記事】シミを本気で消したい人限定!ハイドロキノン配合化粧水ビーグレンの口コミ

健康や認知症改善に期待出来る
と人気のエゴマ油ですが、
お肌などの美容にも効果があると
注目を集めています!

でも、くせのある油なので食べ方など
どうしたらいいのか分かりにくいですよね。

今回はえごま油の効果的な食べ方と
摂取量はどのくらいか紹介します。

スポンサードリンク

エゴマ油の美容への効果は?

林修の今でしょ!講座、バイキング、
たけしの家庭の医学など
健康番組で紹介される健康油のエゴマ油。

人気の秘密は自分では作り出すことの出来ない
αリノレン酸が豊富に含まれていて、
体内でDHAやEPAに変化します。

青魚に多く入っている成分ですね。

お魚を調理するのが面倒で魚離れしている人が
多く不足している人がとても多いんです。

そこでエゴマ油で簡単に摂取できる
という事で人気を集めています。

さて、このαリノレン酸ですが、
DHAやEPAは頭の働きを良くしたりと有名ですが、
美容にも効果を発揮してくれます。

血液の流れを良くしてくれるので、
血行が良くなり、くすみがちだった
肌の老化を防ぐことが出来ます。

老化を防ぐことで低下していた
肌のバリア機能やターンオーバーも
正常化してされて貼り付いていたシミも
少しづつ押し出されキレイになってきます。

スポンサードリンク

エゴマ油の摂取量

エゴマ油は大さじ1杯をそのまま飲むか
食べ物に混ぜて食べます。

正直、においが魚臭くてきついので
そのまま飲むのは難しいかもしれません。
(飲む人もいますが…)

味の濃い食べ物に混ぜれば
気にならずに食べることが出来ます。

自分で試したところ
一番気にならずに食べることが出来たのは
胡麻ドレッシングに混ぜて食べると
割と美味しく食べれました。

コーヒーでも飲めますが、
やっぱり少しにおいがきついです。

ちょっとした裏技ですが、
更にココナッツオイルを一緒に
混ぜると気にならずに飲めました。

癖がある油なので、毎日食べるのに
苦にならない食べ方を探してみてください。

ちなみに、ほうれん草などにも
αリノレン酸が含まれているのですが
1日に必要なαリノレン酸を摂取しようとすると
ほうれん草1キロ以上食べないといけないのです。

かなりきついですよね…。

エゴマ油ならスプーン1杯で済みますから
食べ方は少々難しいですが、楽ですよね。

エゴマ油は酸化しやすいので注意!

美容にいいエゴマ油ですが、
とても酸化しやすく、開封したら
常温では傷んでしまうので
冷蔵庫で保存する必要があります。

保存期間が1ヶ月と短いので注意してください。

酸化してしまったエゴマ油を
無理に使うと体に良くないので、
残ってしまった場合は勿体ないですが、
捨てるようにしましょう。

そして、αリノレン酸は加熱に弱いです。

100℃を超えると成分が壊れてしまいますので
普通の油と同じように加熱調理が出来ません。

必ずそのまま使うようにしましょう。

温かい味噌汁やスープにかけて食べるぶんには大丈夫です。

体にぬって使っても美容に効果が!

エゴマ油は体にぬって使っても
美容に効果が期待できます。

大量に塗るとべとべとになるので
うすーく塗るようにしてください。

家庭でアトピー改善に
使われることのあるエゴマ油は
肌が弱くても安心して使えます。

ただ、問題が…。

魚臭いんですよね…。

そして酸化しやすいので、
太陽のあたる昼の使用は良くありません。

ですので使うときは夜がオススメ。

一緒にエッセンシャルオイルを
混ぜて使えば効果も倍増です。

オススメは万能薬とも呼ばれるラベンダー。

どの肌質に人にも向いていて、
殺菌作用や細胞成長作用がありますので、
肌にハリを取り戻す役割をしてくれます。

香りの効果で疲労感を取り
リラックス効果を与えてくれるのでオススメです。

ただし、体にぬるときも使用期限の
1ヶ月を守って期限が切れた物は
塗らないようにしてください。

体の内側と外側両方からきれいな肌を目指しましょう!

【注目記事】シミを本気で消したい人限定!ハイドロキノン配合化粧水ビーグレンの口コミ

スポンサードリンク