142372
すでに出来てしまったシミを
早く消す方法として
レーザー治療があります。

でも、初めてだとなにかと
不安もありますよね。

そのリスクが怖くて
なかなか皮膚科に行くことが出来ない
という人もいると思います。

皮膚科でシミ取りレーザーをするのは
本当に危険なんでしょうか?

スポンサードリンク

レーザー治療の副作用

一番怖いのは副作用だと思います。

よく聞く話として、

結局シミが消えなかった。
治療前よりもシミが濃くなってしまった。

この辺りの話をよく耳にします。

確かに1度で消えないシミはあります。

もう何年も前からある年季の入ったシミは
1度では取れなく、数回レーザーをしないと
消えないという事もあり得ます。

というのも、
私自身がシミをレーザーで消した時、
1つだけ1回では消えてくれないシミがありました。

これは、治療後の肌が落ち着いた
半年後くらいにもう一度レーザーを
うってもらった事で
キレイに消すことが出来ました。

さて、
もう一つ気になるシミが濃くなってしまう。

これについてですが、
全員がそうとは限りませんが、
治療後のケアを怠っている可能背があります。

レーザー治療をすれば、
すぐにシミがキレイに無くなる
なんて言う事はありません。

レーザー後は患部は
紫外線を絶対に浴びないようにて
絆創膏やガーゼを貼って保護し、
毎日レーザーをした部分から
はみ出さないようにハイドロキノンを
塗り込む必要があります。

ハイドロキノンは冷蔵庫保存し、
長持ちもしませんので
悪くなったらまた皮膚科に
新しく貰いに行かないといけません。

日焼け止めも毎日使わないといけません。

結構ケアが面倒なんですよね。

きちんとこれを1ヶ月以上
続ければ少しづつ薄くなって
良くなるんですが、

稀にやらないでレーザー後
放置してしまう人がいるようです。

スポンサードリンク

日焼け止めをせず、
絆創膏やガーゼで保護をせず
ハイドロキノンだけ塗って外に出る。

これ、一番やってはいけない事です。

ハイドロキノンはシミを消す作用はありますが、
紫外線を浴びると逆に色素沈着を起こします。

冷蔵庫で保存をせずに古くなった
ハイドロキノンも同じく、
そのまま使い続けると色素沈着になります。

正しいケアの仕方は皮膚科の先生が
必ず詳しく教えてくれますので、
その通りにケアをすればシミは消えますので
先生の指示に従いましょう。

肝斑はレーザートーニングが有効

肝斑を普通のレーザーで治療すると
かえって濃くなってしまいます。

そういった報告も多くありますよね。

老人性色素斑と思って治療したら
肝斑も混ざっていて悪化してしまったなど。

肝斑はレーザーでは消えない…
と、思われてきたのですが、
最近ではレーザートーニングが
肝斑に有効とされています。

刺激が弱く、ゆっくりと効いていくので
1回の治療でキレイになることはありませんが、
何回も回数をこなしていくうちに
キレイになっていきます。

レーザー治療で失敗しない為に

病院はネットの口コミだけでなく、
実際に身近に利用したことがある人の
意見が一番参考になります。

私もレーザーを決意した時は
近所の人や職場の人に
評判のいい病院を沢山聞いて、
結果美容外科ではなく
皮膚科に行くことを決めました。

その皮膚科は腕のいい
お茶目なおじさんが経営している小さな病院ですが、
地元では中々良いという人が多く、
他市の人の治療をお断りするくらい
地元民に親身になってくれる皮膚科でした。

レーザー後のケアも大切ですし、
皮膚科選びも失敗しない為のコツだと思います。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク