紫外線対策といえば、日焼け止めに帽子、サングラス、アームカバーなどなど、外からの対策が多いですよね。体の中から紫外線対策することはできるのでしょうか?朝食べて紫外線に効果がありそうな食べ物など、調べてみました! 

スポンサードリンク

紫外線対策に朝食べるといいのは?

紫外線対策に、朝オススメなのは、ブロッコリーやカリフラワー、赤ピーマン、芽キャベツ、イチゴなど、ビタミンCを多く含む食品です。美肌といえばビタミンCですよね!水溶性なうえにストレスがかかっても消費するそうなので、どんどん摂取したい栄養素代表格です。

他にも、ビタミンB₂を多く含む食品も摂取したいところ。具体的には、レバーやうなぎ、いわし、かつおぶし、アボカドなどです。
かぼちゃやホウレンソウなど、βカロチンが豊富な食べ物も大切ですよ!アミノ酸が多い肉や魚などのタンパク質もお勧めです。

ではなぜこれらの食品を朝に摂取すると、紫外線対策にいいのでしょうか?

なぜ食べて紫外線対策ができるの?

まずビタミンCは有名ですよね。メラニン色素の生成・増加を抑え、抗酸化作用があるので、皮膚の炎症にも効果を発揮します。コラーゲンの生成にも関わるので、美白にとどまらず、美肌のために摂っておきたい栄養素の代表格です!

うなぎやレバーに多いビタミンB₂は、新陳代謝を促して、皮膚や粘膜を丈夫に保ってくれます。丈夫な肌は傷つきにくいですし、ターンオーバーが促進されることで、うっかり日焼けにも効いてくれそうですね!

他にも、βカロチンは免疫力を高め、肉や魚、大豆などに含まれるアミノ酸は血の巡りを良くし、代謝を高めてシミ・ソバカスの予防に役立ちます。

つまりは、色んなものをバランスよく摂取するのが大切、ということですね!中でも、メラニン色素の生成を抑えるものや、新陳代謝を高める成分が多い食品を選ぶのがよさそうです。

スポンサードリンク

逆に朝食べない方がいいものはあるの?

先ほど書いたように、紫外線対策にいいとされるビタミンCですが、実は、ビタミンCを多く含んでいても、朝は食べない方がよい食品が存在します。代表的なものは、グレープフルーツやミカンなどの柑橘類です。

これらにはソラレンという成分が含まれていて、ソラレンは光毒性を持ちます。つまり、紫外線に反応して肌にダメージを与えてしまう可能性があるのです!ソラレンは紫外線の吸収を良くしてしまい、痒みや赤み、シミなどのトラブルを引き起こします。摂取後2時間で全身に行き渡り、代謝されるには8時間かかるとも言われるので、レジャーなどの予定がある日は特に、朝に食べるのは避けたほうがよいでしょう。

ソラレンが含まれる食品は柑橘類以外に、キュウリやパセリ、セロリ、小松菜、春菊、ニンジン、キウイなどがあります。朝はキウイを食べよう~って聞いたことある気がするんですけど、ダメなんですね!また、朝はグリーンスムージーという方は、これらの食べ物を入れないようにした方いいと思います。ただ、ビタミンCが豊富な食品も多いので、夕食に食べるのがおススメですよ。

体の中から紫外線対策?

最近、飲む日焼け止めというのが増えてきていますよね?目に入った紫外線からもダメージを受けたり、日焼け止めはムラになったり塗り直さないと効果が落ちるといった点から、体内からも紫外線対策をしようというコンセプトのようです。UVカット率は60%程度だそうなので、普段お使いの日焼け止めのサブアイテムとして、お試しされてもいいかもしれませんよ?ちょっと高価なのがネックですが…。

最後に

朝、紫外線対策に食べるとよい食品は、ビタミンCなどの栄養素を多く含むものでした。しかし、ビタミンCが多くてもソラレンが含まれる食品もあるので、それらは夕食時に摂取するなど注意してくださいね。飲む日焼け止めというのも近年普及し始めているようです。気になる方はぜひ、チェックしてみてくださいね!

スポンサードリンク