26613f61b59a1e7b217292a0ea471ae6_s

私のとっておきの顔のくすみ改善方法は、『舌回し体操』です。

これはもともとほうれい線対策と小顔効果を期待して始めたものでした。

その副次的な効果として感じたのが顔色の改善です!

スポンサードリンク

舌回し体操のやり方

現代人は硬いものをよく噛んで食べる習慣が薄れたことから、昔の人と比べて口周りの筋力が弱いのだそう。

私も20代半ばにしてほうれい線と口元のたるみがなんとなく気になり、高い化粧品に頼らずお金のかからない方法で改善できないかといろいろと調べて行き着いたのが舌回し体操です。

具体的にどのようにやるかというと、まず、舌を前歯の表面に当てます。この時当たる場所は歯と歯茎の隙間くらいだとやりやすいです。そこから舌をまずは右方向へ、歯の上を滑らせるようにぐるりと回していきます。

下の歯も歯と歯茎の皮のところを舌で通過するように大きな円を描いていきます。これを右回し30回、左回し30回行います。顔を上に向けてやるとより効果的です。

さらに目も一緒に動かすようにすると見た目はひどいですが効果的です笑

初めてやる時はおそらく、首の筋肉が引っ張られて、首や舌の付け根が筋肉痛のような状態になると思いますが、慣れてくると一日片側500回くらいずつでも問題なくできるようになると思います。その頃には間違いなくたるみの改善を実感しているはず。人に痩せた?と指摘されるかも。

スポンサードリンク

舌回し体操を始めてから顏のくすみが気にならなくなった!

さて、本題の顔のくすみですが、私はもともと顔色が悪く寝起きは特に肝臓でも悪いのではないかと思うくらい肌がくすんでいました。くすんでいない時はどちらかというと色白です。

この舌回し体操を始めたところ、特に朝イチにやると効果を実感できるのですが、顔の筋肉を動かすのでとても血色が良くなり、顔色がかなり明るくなります。

色白の人はやりすぎると特に鼻周りなど紅潮して見えるので少し注意が必要なほど。

洗顔後、毎日のお化粧の前や、仕事の休憩中などちょっと肌くすんでるなぁ〜というときは右左100回くらいずつ、舌を回しています。

これをやっているときは正直人に見られるとまずい表情をしているので、家でやるのが望ましいのですが、最近通勤の電車などでも、マスクをしていればほとんど気づかれずに、(この人ガム噛んでるのかなぁ?くらいの口の動きです)舌回しができることに気がつきました。

通勤時間に無心で舌を回し続ければ、顔のくすみの改善はもちろん、たるみやほうれい線などいろいろな効果をすぐに実感できると思います。

道具は何も必要ありません。無理なのでぜひ試していただきたい方法です!

スポンサードリンク