096920

妊娠中の肌は敏感で
いつも使用していた化粧水や
ローションでピリピリしたり、
かゆみが出たりと、
刺激を感じることがあります。

かいたり、過剰に反応すると
シミの原因になります。

スポンサードリンク

敏感肌用の化粧水に変更する、
シンプルなお手入れをおすすめします。

また妊娠中にみられる肌変化で、
突然オイリー肌になってしまって
ニキビが出来てしまうことがあります。

皮脂分泌の乱れ、毛穴出口の角化異常
など体内バランスの乱れで発症します。

妊娠中は肝斑が出来ますが、
出産後自然と消えていく場合が多いので
あまり気にする必要はありません。

しかし紫外線を受けると
シミが残ることがあるので
日焼け対策が必要です。

妊娠中はメラニン色素が
できやすくなります。

これはプロゲステロン
(黄体ホルモン)の影響で、
メラニン生産を活性化する
働きをもっています。

出産後にシミが出来てしまった
とよく聞きますが妊娠、
出産で仕事を辞めると、
メイクをしなくなる人が多いため
妊娠性肝斑というよりも、紫外線に
よって出来てしまった
シミの方が多いのが現状です。

スポンサードリンク

帽子にマスクで赤ちゃんと
散歩しているお母さんをよく見ます。

ファンデーションなしで
紫外線を受けている状態で
非常にお肌によくありません。

出産後は大変忙しく疲れていて、

「赤ちゃんのことで精一杯、自分のことは後回し」

という気持ちになりますが、
洗顔後に保湿美容液、
ファンデーションをつけるだけで
シミの予防になりますので、
買い物や散歩の際はシミ対策に
ファンデーションつけるように
習慣づけるようにしましょう。

妊娠中はじんましんや
湿疹が出やすくなります。

妊娠中は体重が増えて汗をかく、
衣類が皮膚に擦れるといったことで
かゆみが出て、肌トラブルの
原因になることがあります。

お腹が大きくなるにつれ
皮膚が伸びることで
胸やお腹の皮膚が引っ張られ
乾燥してしまいます。

なるべく、かかないこと、
保湿クリームを塗ることが
肌トラブルの予防になります。

妊娠線ですが、お腹が大きくなる際に
出来てしまう表皮の亀裂です。

妊娠線予防クリームを塗りますが
効きめは人によってさまざまです。

表皮が裂けてしまった状態なので、
出産後元どおりに消そうとすることは、
シミやしわを消すよりも難しいものです。

どうしても気になる方は、
皮膚科を受診しましょう。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク