296296
睡眠不足は美容に大敵
という言葉をよく耳にします。

特に夜の22時〜2時までの
4時間はお肌のゴールデンタイム
と呼ばれています。

夜にしっかりと眠ることは、
美肌づくりには欠かせないと言えます。

睡眠とシミの関係について
考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

シミを防止するには、深い睡眠を一定時間確保することが重要

シミの原因は日焼けによる
メラニン色素の沈着です。

沈着を防ぐには、
ターンオーバーといわれる肌の
新陳代謝を活発にすることが重要です。

ターンオーバーは、お肌の
ゴールデンタイムと呼ばれる時間に
活発に行われています。

この夜22時〜2時までの
ゴールデンタイムを味方につけることが
シミ防止対策のポイントになります。

睡眠は時間よりも質が大事

ゴールデンタイムに毎日寝る
ことができたら最高ですが、
残業で帰宅が遅くなる日などは、
どうしても早く就寝するのが
難しい日もありますよね。

睡眠時間は長ければ大丈夫
というわけではありません。

何より、良質な深い眠り(ノンレム睡眠)
を確保することが大事なのです。

深い眠りの時に、身体の全身の
1日の疲れや内臓を休めてくれます。

内臓の健康はそのまま
肌に反映されていきます。

深い眠りを確保し、
しっかりと全身の疲れをとっていきましょう。

スポンサードリンク

睡眠中は成長ホルモンが分泌される

睡眠中に成長ホルモンが
たくさん分泌されます。

成長ホルモンは、
たんぱく質の合成を促し、
人間の身体の成長を促すホルモンです。

人間の皮膚においても、
日々成長ホルモンの力によって
肌細胞の分裂・再生が繰り返されいます。

成長ホルモンは深い眠りに
ついているほど多く分泌され、
特に眠りについてから
3時間〜4時間半くらいが
分泌量が多い時間帯になります。

また、睡眠不足や、睡眠の質が悪いと、
成長ホルモンが慢性的に
不足することになり、
身体の老化が進行してしまうのです。

肌においてもシミや、くすみ、
しわなどの肌トラブルが
加速してしまう原因になります。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

最後に

毎日の睡眠時間は7時間が
理想とされていますが、
個人によって必要な
睡眠時間は異なります。

忙しくて睡眠が長く
取れないときには、深
い良質な睡眠が取れるように、
リッラクスできる
空間づくりを工夫したりして、
深い良質な睡眠を手に入れ、
シミをつくらない美肌を保っていきましょう。

スポンサードリンク