193341

シミは速攻でなくなってほしいものですが、ビタミンCを取ったり、美白化粧水などの化粧品を使い続けるのはとても労力がい?だけでなく、効果が見えにくいです。

そこで、私はレーザー治療をすることにしました。きっかけは、ソウルに旅行中にすぐに治療してくれるサロンを見つけたことでした。

スポンサードリンク

とても清潔で、スタッフも美肌の方ばかり。私が日本人であることを伝えると、日本語のできるスタッフがついてくださり、カウンセリングが始まりました。

まず、シミの状況を確認して、どの程度の深さまで、シミがあるのか皮膚の断面模型を使って説明してくださいました。

一度に治療可能なシミのサイズや痛みを押さえる麻酔クリームの話、治療後の処置など丁寧に説明がありました。日帰り治療希望と伝えると、今日一回限りの来店でも大丈夫とのこと。値段も手頃でした。

この説明を受けたあと、シミ取り治療を受けることを決め、ドクターのいる部屋に移動しました。

まずは、とりたいシミの位置をドクターと確認して、麻酔クリームを塗っていただきました。麻酔が効くまで、30分ほど待合室で待機したあと、名前を呼ばれて処置室に移動しました。

レーサーで眼を傷つけないため、眼を保護するテープが貼られ、しばらくして、シミを取りたい希望の場所にチクッと刺激がありました。チクッとしたと思うと、その箇所に肌色のテープを貼ってくださり、眼につけていた保護テープが剥がされ、治療修了でしした。

皮膚をけずったので、出血していました。

【人気記事】乾燥肌の美白化粧品のおすすめランキング!保湿力が高いのは?

スポンサードリンク

ドクターによるレーザーシミ除去治療が終わると、再びカウンセラーとのカウンセリングが行われ、今後1週間続けてほしいことを教えていただきました。

することは、日光に当たらないようにすることと、治療箇所のテープの張り替えのみでした。張り替え用のテープは治療費に含まれており、自分でシミのサイズに合うようにカットして使用してくださいとのことでした。

カウンセリングを終え、治療費を支払い、帰国してOKでした。

帰国後、大きなマスクを着けて過ごしていると、少しあやしい感じもありましたが、1週間もするとうすいかさぶたになり、しばらくはかえって目立つような状態でしたが、自然にかさぶたが剥がれたあとの肌は、希望していたシミのない肌でした。とっても満足しています。

韓国でレーザー治療をするのに少しは不安がありましたが、全く問題なかったです。

旅行のついでにした、治療でしたが、シミ取りが一番の思い出になりました。

【人気記事】クレンジングなのに美白効果もあるクレンジングって?実際に使ってみました

スポンサードリンク