3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

シミができる原因を紫外線だと
思っている方も多いと思います。

しかし、シミの原因は
紫外線だけではないのです。

例えば、自分の肌に合わない
化粧品を使い続けていると、
それがシミの原因になってしまう
あんんていうこともあります。

それはどうしてなのでしょうか。

スポンサードリンク

シミの原因は鉱物油

シミの原因に日焼けの他に、
油焼けがあります。

普通の洗顔では、落ちにくい
化粧品を長年使い続けたり、
化粧品に含まれる多量の油分が
ついた肌で日光を浴びてしまい
黒くなることを言います。

そして油分がたっぷりと使用された、
付属生が強く落ちにくい
ファンデーションなどを塗り続け、
皮膚の表面についた汚れや、
古い角質を洗い流さないいままでいると、
角質層に水分が浸透しにくくなり、
肌がさらに乾燥していきます。

肌の乾燥はシミの原因となるのです。

鉱物油は、成分が安定していて変質の心配がなく、
メイク用品などに配合すれば、
肌に均一に伸ばすことができるため、
ファンデーションやルージュに
含まれていることがあります。

鉱物油を含む化粧品の場合には、
優しく念入りにメイク落とし専用の
ソープを使ってしっかり
メイクをオフしていきましょう。

スポンサードリンク

合わない化粧品や、古い化粧品の使用はやめましょう。

肌に合わない化粧品を使っていると、
肌が荒れてしまうことがありますよね。

でも買ったばかりだしとか、
勿体無いという気持ちから
そのまま使い続けてしまうと、
いつまでも肌の炎症が治らず、
そこに紫外線からの
ダメージを受けてしまうと、

たちまちその炎症を
起こしていた場所に
シミができてしまいます。

また古い化粧は、
油分が酸化してしまっていることもあり、
こちらも肌にシミを
作ってしまう原因となるのです。

合わない化粧品はただちに
使用を取りやめ、定期的に
化粧品を新しく買い直して
使うように心がけましょう。

メイクを落とすときが肝心

化粧はしっかりとオフしていかないと、
肌にシミができてしまうのですが、
しかし手でこすりすぎてしまうと、
それがかえって肌への刺激になってしまい、
シミの原因になることがあります。

洗顔をする際にはしっかりと泡立てて、
きめの細かい泡で優しくなぞるように
洗顔していくようにしましょう。

指の腹を使いがら、力は入れず、
泡の力で毛穴まで汚れや
古い角質を外へ浮き出し流していきましょう。

洗顔後も肌をゴシゴシとタオルで拭くのも、
刺激になってしまうので、
軽くタオルで押さえて
水気をとるように注意しましょう。

優しくメイクを落として美白効果もあるクレンジング
マナラホットクレンジングゲルお試ししてみた感想の口コミ

最後に

毎日綺麗になるためにしているメイクが、
もしかしたら肌にシミを
作ってしまう原因になるかもしれません。

肌に合わない化粧品は使用をするのをやめ、
メイク落としに細心の注意を払いましょう。

シミ消し化粧品の目的別オススメはどれ?あなたに合うもの見つけよう!

スポンサードリンク