215455

シミに悩む30代の主婦です。夏場なんかは紫外線が強くて外に出れません。

私は、体質なのかほんのちょっと紫外線に当たるだけでシミになってしまいます。

スポンサードリンク

日焼け止めは雪肌精が独特の香りが無くて使いやすい

シミができる流れとして肌に紫外線が当たると肌が自分を守ろうとメラニン色素を作るんです。よってシミの正体はメラニン色素。この色素が沈着して厄介なシミになるんです。対策として一年中日焼け止めは絶対です。

私がずっと愛用してるものは雪肌精のサンプロテクトエッセンスミルクです。雪肌精の商品は他に色々と使ってるんですが、この日焼け止めの好きなところは日焼け止めって独自の匂いがありますよね。

私はあの匂いがすごく苦手でずっとつけてると具合が悪くなります。でも、雪肌精のシリーズはどの商品もいい香りがするしつけ心地も軽くて本当に好きです。

女性だとホルモンバランスの乱れからシミができてしまうという場合もあります。この場合だと眉の上や目の下にシミが目立ちます。

また、たまにやけに目の周りがパンダのように黒ずんだりすることがありませんか。目の周りが黒ずんでしまうのは子宮系の機能が弱まってるという合図です。

スポンサードリンク

【人気記事】クレンジングなのに美白効果もあるクレンジングって?実際に使ってみました

シミ予防対策!内臓強化の為に食べている食べ物

こんな時はイソフラボンを摂取することをオススメします。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。納豆、豆乳、豆腐といった大豆を原料に作られるものを摂取することです。

私はよくなんだか、顔も元気ないし、女性特有のカラダのだるさを感じた時は豆腐ハンバーグを作るようにしたり、豆乳をこまめに摂取します。

また、内臓トラブルによってシミができる場合もあります。肝臓が弱まってるとき主に眉間や頬の外側にシミができます。

社会人になると何かとお酒を飲む機会が増えますよね。私はあまりお酒が強くないのですがつい、楽しくなって飲んじゃいます。

でも、こんなんでシミができるなんてたまったものじゃないです。お酒を飲んだ次の日はなるべく肝臓を強くする食べ物を食べるようにしてます。

肝臓を強化する効果があるのはタウリンです。これはホタテ、イカ、タコに多く含まれます。ホタテのカルパッチョやガーリックライスにタコを入れたりして内臓を気遣うのが私のやり方です。

 
美容外科に行くとレーザーでシミを消してくれるようですが、なるべく、自分ができる対策をしっかりとやってシミができないような生活を送りたいと私は考えてます。

食べ物を気遣うことはシミを作りたくないからだけでなく、自身の健康にもつながるものです。コツコツとカラダにいいことを続けたいと思います。

【人気記事】乾燥肌の美白化粧品のおすすめランキング!保湿力が高いのは?

スポンサードリンク