869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s

シミが出来てしまう原因の1つに食べ物があります。

普段食べている食材、
もしかしたらシミが出来やすい
食べ物かもしれないですよ!

スポンサードリンク

シミは食べ物が原因で出来る?

シミの原因には様々な原因があげられます。

ストレスによるホルモンバランスの低下や、
加齢による新陳代謝の衰え、
肌のターンオーバーの乱れや遅れにより、
肌が異常を起こすのです。

そして忘れてならないのが紫外線。

シミの原因の80%は紫外線による
メラニン色素の増加、蓄積によるものです。

その他にも意外な原因があります。
それは食べ物の中に含まれている
「ソラレン」と「チロシン」という成分です。

これらはどういった食べ物に含まれ、
シミの原因となっているのでしょうか。
 

スポンサードリンク

ソラレンを多く含む食べ物

まず「ソラレン」ですが、
●レモン
●オレンジ
●グレープフルーツ

等の柑橘類、

●キウイ
●イチジク

といった果物

●きゅうり
●セロリ
●にんじん

等の野菜に含まれています。

「ソラレン」は紫外線を吸収する
性質を持っていて、
これが肌に行き渡った状態で
紫外線を浴びると、
メラノサイトを刺激して
肌が黒く変化してしまいます。

一方で、これらの食べ物は
ビタミンCが多く含まれているので、
美白効果や抗酸化作用もあります。

どうすれば上手く摂取出来るのでしょう。

大切なのは食べる時間帯です。

「ソラレン」は摂取後、
約2時間で肌に行き渡り、
その後、約7時間で代謝します。

故に紫外線に当たる日中を避け、
夜に食べるようにしましょう。

また「ソラレン」は肌に付くと
2日程皮膚の上に留まってしまうので、
レモンパックやきゅうりパックには注意しましょう。

チロシンを多く含む食べ物

次に「チロシン」ですが、
●タケノコ
●りんご
●バナナ
●アボガド

に含まれています。

「チロシン」はアミノ酸の一種で、
アドレナリンやドーパミン等の
神経伝達物質の原料になります。

髪の毛や皮膚の黒色色素の
メラニン色素の原料でもあります。

「チロシン」は空気に触れると
チロシナーゼという酵素が働き酸化し
、メラニン色素を生成します。

このチロシナーゼの活性化を
防ぐのがビタミンCです。

「チロシン」を含む食べ物を
食べる際には、
ビタミンCを含んでいても
「ソラレン」を含まない、
キャベツやピーマン等の野菜と
一緒に食すのがベストです。

最後に

「ソラレン」や「チロシン」を
含む食べ物は扱いが難しそうですが、
食べ方や量、時間を意識して
上手く付き合い、体の内側からの
美白対策へと繋げていきましょう。

スポンサードリンク