100308

30代専業主婦をしています。

薄着の季節になりました!紫外線対策をしっかりとしないと酷い日焼けでブツブツが出来てしまう事も…。

私もうっかり日焼けをしてしまってブツブツが出来てしまい痒くて困った事がありました。

かといって化粧水をつけない訳にはいかない…その時にとった対処法を紹介します。

スポンサードリンク

日焼けでブツブツが出来てしまう原因って?

ブツブツが出来てしまう原因として紫外線対策を怠っていたという事もありますが、使用していた日焼け止めが合わなかったという事もあげられます。

日焼けはSPFやPAが高ければ高いほど効果が持続しますが、その分刺激が強くなりますので敏感肌の人にはあまり向いていないんです。

さらにその日焼け止めが去年の余り物を使っているとなると肌が荒れてしまって悪影響が出てきてしまいます。

日焼け止めは開封後半年以内に使用して余った分は勿体なくても肌あれをおこす原因となりますので破棄しておきましょう。

私の場合は古い日焼け止めを使ったのが原因ではなく、日焼け止めを使う量が少なくうっかり紫外線を浴びてしまったのが原因で肌が赤く腫れてぶつぶつまで出来てしまったようです。

もうこれは火傷ですね。。。

スポンサードリンク

ブツブツ日焼けの対処の仕方

痒いからと掻いてしまうと逆に痛くなってしまも肌が突っ張る感じがします。

それは肌が火傷してしまって水分が不足しているからなんですね。

肌を触ってみると軽い火傷をしているせいか少し火照っているようにも感じました。

蕁麻疹もそうですが体が火照ってくると痒みも増してきます。

そんな時は保冷剤を使って冷やすことで痒みも感じにくくなり痒みのストレスから開放されます。

更に、日焼け後の肌は水分も不足しがちなのでたっぷりと保湿をしてあげる事が大事です。

この時刺激の少ない物を選ぶのが◯

結構すぐにヒリヒリしてくるので何度も何度も重ね塗りをしました。

でもここで少し困った事が。。。

化粧水がしみて使えない…

手足はこの方法で解決できたのですが顔のブツブツが酷かったのか保湿しようといつもの化粧水を使ってみたところ痛くて使えません。

冷やしている間はいいのですが、ずっと保冷剤を持ち歩く訳にもいかないし、保湿しないと顔が突っ張って辛い。

そんな時に友人にこれいいよと教えてもらった化粧水がディセンシアのサエルという化粧水でした。



私は細かい成分とかはよく分からないのですが、その友人がいうには炎症を抑える効果がある美白化粧水なんだそうです。

敏感肌用に作られてしみにくいだけではなくて赤みも引くから取りあえず使ってみてと紹介され、このまま顔に何もつけない訳にはいかないし、紫外線もずいぶん浴びたので美白化粧水というところにもこころ魅かれて使ってみることに。

早速使ってみたところ全くしみる事無くしかも浸透力がいいのかグングン肌の奥に化粧水が吸い込まれていく感じがしてとても使い心地がよかったです。

浸透力はあるのもも若干保湿力不足なような気もしましたが使ったのが夏だったのでそんなにそこまでは気になりませんでした。

驚きなのが酷かった顔のブツブツの赤みがサエルを使った顔の方が手足よりも早めに治ってくれたんです。これには驚き!

手足にもサエルを使えばよかったのかもしれなかったけど、さすがに結構高いのでそこまで贅沢は出来ませんでした。。。

お値段がもう少し安ければたっぷり使えるのにな、と残念に思います。

【関連記事】美白化粧水サエルの口コミ!敏感肌の私が実際に使ってみた

スポンサードリンク